So-net無料ブログ作成

求め続けるもの(21) [長編]

「・・・・・さて、どうしたものか」

一向に目を覚ます様子のないユーリのベッドの横で

ラムセスは呟いた。



いつもなら隙を見せないユーリが無防備に目の前に

手の届く場所に居る。

しばらく見なかったせいか少しばかり

女っぽくなったような感じがする。



さあ早く目を覚ませ。

いつものような山羊のような瞳で俺を見ろ。



よく分からない期待が心を占めている。

それが可笑しくてフッと笑う。

女なんてどれも同じだと思っていたのに。






程なくユーリはうっすらと目を開けた。

だがラムセスが期待したものではない。

自分の姿を見た瞬間おお大きく目を見開いて

明らかに怯えていた。


「ユーリ・・・・?」




「何?此処はどこなの?」


「なっ・・・!!」


その様子はいつものユーリではなかった。




「ワセト」

「はっ!」

「いますぐ医師を!」

「承知いたしました」


ワセトはこれほど取り乱すラムセスを見たのは初めてだった。




かけつけた医師にもはっきりとした事は分からなかった。

ただわかったのはユーリが子供を宿していた事。



いろんな疑問が一気にラムセスの頭を巡った。

多分、父親はあの男(カイル)に違いない。

こんな状態のユーリを見捨てるような男ではない。

では何故ユーリは此処にいる?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。